日産自に大型ピックアップトラックをOEM供給-米クライスラー(2)

米クライスラーは14日、日産自動車に大 型ピックアップトラックを供給することを明らかにした。日産は引き換えにク ライスラー向けにスモールカーを供給する。

両社の発表資料によると、クライスラーはメキシコのサルティヨ工場でフ ルサイズのピックアップトラックを日産向けにOEM(相手先ブランドによる 生産)で生産する。日産は国内工場で組み立てたスモールカーをクライスラー に供給。クライスラーは北米その他市場で販売する。

CSMワールドワイドのアナリスト、マイケル・ロビネット氏は相互OE Mについて「前向きな協定だ。クライスラーはある面、品揃え拡充で何らかの 手を打つ必要があった」と指摘。「日産から見ても、今回の協定で新たな投資 を行わずにフルサイズのピックアップ市場で販売を継続できる」と述べた。

日産の広報担当者、フレッド・スタンディッシュ氏によれば、クライスラ ーへの供給は2010年に、同社から日産へは2011年にそれぞれ開始する。この 日発表されたOEM協定は、日産がスモールカー「ヴァーサ」(日本名ティー ダ)を南米販売向けにクライスラーに供給する1月の合意の対象を広げたもの。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE