Jフロント株が反発、大丸・松坂屋との統合効果を期待-増配も評価

百貨店の大丸と松坂屋を傘下に持つJ.フ ロントリテイリングの株価が一時、前日比53円(8%)高の712円と急反発。 今期(2009年2月期)の連結純利益が、前期比0.4%増の235億円になる見通 しと前日に発表。大丸・松坂屋の統合効果が寄与する見込みで、収益力向上へ の期待感が高まったほか、増配方針の示唆により株主還元姿勢を評価する動き も株価水準を押し上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。