アルムニア欧州委員:欧州の景気は減速-米とのデカップリングはない

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員 会のアルムニア委員(経済・通貨担当)は15日、ユーロ圏経済や7カ国財務 相・中央銀行総裁会議(G7)について以下の通りコメントした。同委員はブリ ュッセルで記者団に対し発言した。

◎欧州経済について

指標は「米経済がリセッション(景気後退)入りしているか、リセッション に非常に近い」ということを示唆している。

欧州経済は「米国のような状況にはない」

ユーロ圏の「経済ファンダメンタルズ(基礎的諸条件)は堅調だ」

「欧州は景気減速に見舞われており」、米景気の影響を受け続ける。

欧州は米国と「デカップリング(非連動)していない」

◎G7声明での為替への言及について

「G7声明が為替相場の言及に関し、いくつか違った見方を取り入れている のは明らかだ」

G7声明は「非常に明快だ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE