モルガンSのローチ氏:信用収縮の影響、最悪期はまだこれから-FT

米証券大手モルガン・スタンレーのアジア 部門会長、スティーブン・ローチ氏は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT) に寄稿し、信用収縮が世界の景気と株価に与える影響の最悪期はまだこれから だとの見方を示した。同氏の論評は15日、FT紙のウェブサイトに掲載された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。