東証元常務の長友氏:財務状況の正確な把握当然-内部統制導入で

東京証券取引所の元常務で、現在は企業経 営支援・アドバイスなどの事業を手掛けるENアソシエイツ(千代田区)の代表 取締役兼早稲田大学大学院教授の長友英資氏はブルームバーグテレビジョンのイ ンタビューで、2008年度から導入される内部統制報告制度について、財務状況の 正確な把握は経営者にとって当然であり、同制度導入はステークホルダー(利害 関係者)にも有益なものだとの考えを示した。主な発言内容は次の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。