米コンチネンタル航空:複数の選択肢を検討中-ユナイテッドと合併か

米コンチネンタル航空は15日までに、複数 の選択肢を検討していることを明らかにした。アナリストらは、デルタ航空と ノースウエスト航空の合併でより巨大で強力な競争相手が出現することから、 コンチネンタルがユナイテッド航空との合併に動く可能性があると指摘してい る。

コンチネンタル航空によれば、デルタとノースウエストが交渉を活発化さ せるなか、UAL傘下で米航空会社2位のユナイテッドと同4位のコンチネン タルは今年に入り、合併の可能性を協議していた。デルタとノースウエストは 14日、36億3000万ドル(約3700億円)相当の株式交換方式で合併すること に合意したと発表した。

デルタとノースウエストの合併合意により、コンチネンタルはノースウエ ストが保有する「黄金株」を買い戻すことで、自らの合併を進める選択肢を得 た。黄金株はノースウエストにコンチネンタルの合併を阻止する権限を与えて いたが、ノースウエストがデルタとの合併に合意したことにより、コンチネン タルは1株当たり100ドルで買い戻しが可能となる。

ノースウエストのダグラス・スティーンランド最高経営責任者(CEO) は15日、ニューヨークで、コンチネンタルは今のところ黄金株の買い戻しを実 施していないと述べた。コンチネンタルのラリー・ケルナーCEOは社員にあ てた文書で、同社が複数の選択肢を検討していることを明らかにした。

コンチネンタルの株価終値は前日比1.53ドル(7%)安の20.36ドル。 UALは同1.29ドル(5.5%)安の22.32ドル。この日はジェット燃料価格 がガロン当たり3.71ドルと過去最高値に達したことから、航空株の大半が下落 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE