米インテルの1-3月期:12%減益、スピンオフ関連費用響く

半導体最大手、米インテルが15日発表した 2008年1-3月(第1四半期)決算は、スピンオフ(分離・独立)関連の費用 が響き、前年同期比で12%減益となった。ただ、同業のアドバンスト・マイク ロ・ デバイシズ(AMD)から顧客を奪うなかで、4-6月(第2四半期)の 売上高は市場予想を上回る可能性がある。

第1四半期の純利益は14億4000万ドル(1株当たり25セント)と、前年 同期の16億4000万ドル(同28セント)から減少。不採算事業を切り離すため、 3億ドルを投じた。一方、売上高は前年同期比9.3%増の96億7000万ドル。ブ ルームバーグ調査によるアナリスト予想では、1株利益が25セント、売上高は 96億5000万ドルが見込まれていた。

インテルによると、第2四半期の売上高は90億-96億ドルになる見通し。 アナリスト予想は92億5000万ドルとなっている。

決算発表は米株式市場の通常取引終了後だった。インテルの株価終値は前日 比22セント(1.1%)高の20.91ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE