米インテルの1-3月期:12%減益、スピンオフ関連費用響く

半導体最大手、米インテルが15日発表した 2008年1-3月(第1四半期)決算は、スピンオフ(分離・独立)関連の費用 が響き、前年同期比で12%減益となった。ただ、同業のアドバンスト・マイク ロ・ デバイシズ(AMD)から顧客を奪うなかで、4-6月(第2四半期)の 売上高は市場予想を上回る可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。