米国株:反発、金融やエネルギー株に買い-ダウ平均は60ドル高(2)

米株式相場は3日ぶりに反発。地銀の決 算が市場予想を上回り、金融株中心に買われた。原油とガソリンが最高値を更 新したため、エネルギー株にも買いが入った。

地銀リージョンズ・ファイナンシャルとM&Tバンクが上昇。クレジット カード大手ビザの新規株式公開(IPO)に伴い、持ち株を売却したことが利 益を押し上げた。原油相場が通常取引終了後の時間外取引で1バレル=114ド ルを超え、エクソンモービルやコノコフィリップスなどエネルギー株に買いが 入った。

S&P500種株価指数は6.11ポイント(0.5%)高の1334.43で終了。 ダウ工業株30種平均は60.41ドル(0.5%)高の12362.47ドル。ナスダッ ク総合指数は10.22ポイント(0.5%)上昇し2286.04で終えた。ニューヨ ーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は2対1。

インテグリティ・アセット・マネジメント(オハイオ州インディペンデン ス)の最高投資責任者(CIO)、ダニエル・バンディ氏はブルームバーグテ レビジョンとのインタビューで「今は金融株に買いを入れ始めるには良い時期 だ。非常に急激な反発が見込めるため、破局が近いと市場がみている時に買い を入れるべきだ」と述べた。

ニューヨーク連銀製造業景況指数が予想外に上昇したことも買いを誘った。 米生産者物価指数(PPI)が予想の2倍近い伸びを示したことは材料視され なかった。ワコビアが予想に反して赤字決算を発表し、アルコアとゼネラル・ エレクトリック(GE)の利益が予想を下回ったため、S&P500種は過去5 営業日のうち4日下落していた。

地銀

リージョンズ・ファイナンシャルは8.4%高。合併関連費用を除く1株当 たり利益は55セントと、アナリスト予想の48セントを上回った。ビザ株の売 却などで9120万ドルを得た。

M&Tバンクは6.3%高。ビザ株の売却益は2900万ドルとなった。

ノーザン・トラストもビザ株の売却益190億ドルを計上した。1-3月 (第1四半期)の利益は前年同期から倍増。株価は4.7%高となった。

「最悪期は過ぎた」

米証券大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのリチャード・フル ド最高経営責任者(CEO)が株主総会で、信用収縮の「最悪期は過ぎた」と の見方を示したことも金融株の買い材料。これまでに大手銀行や証券の損失額 は2450億ドル(約24兆8500億円)に達している。

S&P500種の金融株指数は1.1%高と、6日ぶりに反発。モルガン・ス タンレーやシティグループも上げた。

ディスカウントブローカー大手チャールズ・シュワブは9%上昇。1-3 月(第1四半期)決算は、前年同期比で29%の増益。新規口座の開設数がほぼ 7年ぶりの高水準となった。

エネルギー株

エクソンやシェブロンが上昇。原油先物5月限は時間外取引で一時、

114.08ドルまで上昇。ガソリンは1ガロン=2.881ドルまで上昇し、ともに 最高値を記録した。

ニューヨーク連銀指数を好感し、S&P500種の一般産業株指数は0.4% 上昇した。

「底入れ過程」

NYSEの出来高概算は約12億株と、今年4番目の薄商い。過去2週間 の出来高は、過去最高ペースだった第1四半期を平均で29%下回っている。

ベーカー・アベニュー・アセット・マネジメントで約2億ドルの資産運用 に携わるキング・リップ氏は出来高の減少が投げ売りの終了を示唆している可 能性があると指摘。「薄商いは実際には良いことだ。相場の底入れは感情的な 心理が支配したり、投げ売りが出ているときではなく、出来高が少ないときだ。 今が底入れ過程にあるとみている」と述べた。

EMC下落

ストレージ・コンピューター大手のEMCは3.2%下落。ポール・マンス キー氏らシティグループのアナリストが投資判断を「買い」から「ホールド」 へ引き下げたことが売りを誘った。景気失速が金融業界以外の企業や米国以外 の国にも打撃を与えていると指摘。目標株価についても22ドルから17ドルへ 引き下げた。

セキュリティ・グローバル・インベスターズで110億ドルの資産運用に携 わるマーク・ブロンゾ氏は「市場は年初からハイテク企業の収益には神経質に なっている。決算発表シーズンが始まりつつあり、市場が神経質なのはもっと もだ」と語った。

ブルームバーグが集計したアナリスト予想によると、S&P500種構成企 業の第1四半期は12.3%の減益が見込まれている。そのうち、情報技術(I T)指数に含まれる企業の増益率見通しは7.2%と、年初時点の22%から悪化 している。

デルタ航空とノースウエスト航空が航空株の下げの中心となった。両社が 合併しても、燃料費の増大を打ち消すほどのコスト削減は見込めないとの思惑 が広がった。両社は36億3000万ドルの株式交換方式での合併に合意。世界 最大の航空会社が誕生する。合併には一時的な現金コスト10億ドルが含まれ る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE