1-3月のIPO取りやめが過去最高、株下落や景気懸念で-米E&Y

2008年1-3月期に新規株式公開(IPO) を取りやめた企業数は過去最高に達した。米会計事務所アーンスト・アンド・ヤ ング(E&Y)が15日公表した調査リポートから明らかになったもので、株式 相場の下落やリセッション(景気後退)懸念が新株需要に影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。