NY金:続伸、原油の最高値更新でインフレヘッジ需要-終値932ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。エ ネルギーコストの高騰でインフレヘッジ目的としての金の需要が高まっ た。銀相場も上昇した。

原油相場はバレル当たり一時113.93ドルに上昇し、過去最高値を更 新した。また、この日発表された3月の米生産者物価指数(PPI)は 予想の2倍近い上昇となった。金相場は昨年は31%上昇、原油は57%高 となり、消費者物価ならびに生産者物価の上昇につながった。

R.F.ラファーティ(ニューヨーク)のトレーダー、マーティ・ マクニール氏は「金市場ではインフレ圧力が依然存在すると認識されて いる。金はさらに上値を追うだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比3.30ドル(0.4%)高の1オンス=932ドルで取引を終え た。

銀先物5月限は前日比6セント(0.3%)高のオンス当たり17.85ド ル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE