豪中銀総裁:各国中銀は新たな流動性供給手段を準備すべきだ-講演

オーストラリア準備銀行(RBA)のステ ィーブンス総裁は15日、市場が混乱している時期は、各国の中央銀行が金融機 関に対する「広範囲の資産」を担保にした流動性の提供に向けて準備すべきだ との見解を示した。

同総裁はキャンベラのオーストラリア国立大学で学生に向けて講演し、「特 に例外的な市場混乱の時期には、各国中銀は広範囲の資産と引き換えに流動性 を供給するという通常措置の域を越えた動きに備えるべきだ」と述べた。

スティーブンス総裁は、大恐慌時代以来で最悪の米住宅不況に端を発する 世界的な信用収縮が中銀に「流動性の性質についての多く」を気付かせたと指 摘。米欧の中銀当局者は先週、8カ月に及ぶ信用収縮が依然として進行しつつ あるとの認識を示し、金融機関に対し損失を迅速に公表し資産評価方法の改善 を促した。

同総裁は「主要な教訓の1つは、市場と金融機関における流動性の重要性 で、それは現行規制ではそうあるべきであるほどには強調されておらず、資本 に重きが置かれている」と言及。さらに、中銀当局者は「不透明感が強い状況 下では、過去にはめったに影響を及ぼさなかった流動性の圧力が市場に発生し 得る」ことを学んだと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE