2月対米証券投資:買い越し額725億ドルに増加-政府機関債が好調

米財務省が15日に発表した統計に よると、外国の政府と投資家の間の中長期金融資産取引額は2月に外国 人からみて725億ドルの買い越しと、前月の同571億ドルから増加した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値(600億 ドル)も上回った。米連邦公開市場委員会(FOMC)による金利引き 下げ期待から、外国人投資家による政府機関債などの購入が拡大した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。