コンテンツにスキップする

【5%ルール】米スティールP、英シルチェスター、シュー・タイ

財務省に15日提出された大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ:アマノ(6436)株 式の保有比率を6.29%から7.35%に増やした。保有目的には、発行者に対して 増配、自己株式の買い入れ、金庫株消却その他資本政策の変更を要求することが あるとしている。

中国ベンチャー投資:エフェクター細胞研究所(4567)株式の保有比率を

10.09%にした。

タワー投資顧問:アーネストワン(8895)株式の保有比率を14.79%から

15.86%に増やした。

タワー投資顧問:ジョイント・リート投資法人(8973)株式の保有比率を

10.74%にした。

シュー・タイ・インターナショナル・カンパニー:グループ企業のレクスト ロン・インターナショナル、ファイコンプ・ホールディング・ビーブイ、ヤゲ オ・コーポレーションの保有分を合わせて、KOA(6999)株式の保有比率を

6.98%から9.38%に増やした。保有目的は「政策投資」としている。

スティールパートナーズジャパンストラテジックファンドオフショア:日阪 製作所(6247)株式の保有比率を6.34%から5.06%に減らした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE