中国経済成長率:1-3月は10.4%と約1年ぶり低水準か-16日発表

中国の国内総生産(GDP)は、1-3月 (第1四半期)の伸び率がここ1年余りで最低となったもようだ。一方で、イ ンフレ率は11年ぶり高水準付近にとどまる見込みで、中国当局は輸出が鈍化 するなかで不況を回避し、物価上昇も抑えるという難しいかじ取りが迫られる。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関24社を対象にまとめた調査 の中央値では、1-3月期の中国GDPは前年同期比10.4%増となる見通し。 昨年10-12月期は11.2%増だった。GDP統計は、国家統計局が北京時間 16日午後2時半(日本時間同3時半)に発表する。

中信嘉華銀行のチーフエコノミスト(香港在勤)、リアオ・チュン氏は、「主 要な課題は景気のソフトランディング(軟着陸)を達成しながら、インフレを 抑制するということだ。輸出の大幅鈍化に伴い、当局は4-6月期から引き締 め政策を緩めるだろう」と述べた。

2月の消費者物価指数は前年同月比8.7%上昇となったが、3月は8.2% 上昇と、インフレが鈍化する見込み。当局は2008年のインフレ率を4.8%と、 昨年の年間インフレ率と同水準に抑えることを目指している。

金融・調査機関別のGDP伸び率予想は以下の通り。

---------------------------------------
                            GDP成長率
---------------------------------------
中央値                           10.4%
平均値                           10.2%
最高値                           11.0%
最低値                            9.0%
回答数(社)                        24
---------------------------------------
Action Economics                  9.5%
Bank of China (Hong Kong)        10.5%
Capital Economics                10.0%
CFC Seymour                       9.5%
CIMB-GK Research                 10.9%
Citic Securities                 10.2%
Daiwa Institute of Research      10.4%
Deutsche Bank                     9.9%
Forecast Ltd.                    10.6%
Hang Seng Bank                   10.5%
High Frequency Economics          9.0%
HSBC                              9.6%
Industrial Bank                  10.3%
ING Groep NV                     10.5%
JPMorgan Chase                   10.4%
Lehman Brothers                   9.8%
Mitsubishi UFJ Securities        10.7%
Moody's Economy.com              10.3%
Morgan Stanley                   10.8%
Natixis                          10.0%
Royal Bank of Scotland           10.5%
Shenyin Wanguo Securities        10.1%
Standard Chartered Bank          10.5%
UOB Group                        11.0%
---------------------------------------
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE