日本生命:国内債4000億円増、オープン外債2000億円-08年度運用(2)

日本生命は2008年度に、国内債券の残高を 4000億円増やす。長期・超長期国債に加え、比較的高い利回りが期待できる資 産担保証券(ABS)や社債にも投資する。米国経済の不振を背景に年度前半は 円高・ドル安が続くと予想。為替リスクが伴う外国債券を2000億円積み増す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。