債券は下落、株価反発やヘッジ売りが圧迫―30年債入札は順調(終了)

債券相場は下落(利回りは上昇)。朝方は、 米債下落や国内株式相場の反発を受け、売りが先行した。午後に発表された30 年国債の入札結果では、最低落札価格が予想を上回るなど順調となり、先物市 場で買いが増える場面もあったが、その後は、ヘッジ売りに押された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。