NY原油時間外:1バレル=112ドル半ば-ドル安受け最高値更新

ニューヨーク原油先物相場は15日の時間 外取引で1バレル=112ドル半ばまで上昇し、過去最高値を更新した。ドル安 がさらに進むとの観測や、1-3月期の中国経済成長率が10%を上回るとの見 通しが背景。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は一時、72セン ト(0.6%)高の1バレル=112.48ドルに達した。1983年に先物取引が始まっ て以来の高値。メキシコが悪天候を理由に4つの輸出ターミナルを閉鎖したこ とも、原油相場を押し上げている。

シンガポールのエネルギー・コンサルタント会社パービン・アンド・ガー ツのシニアプリンシパル、ビクター・シャム氏は「投資家がドルを売り、原油 などの商品を買い入れている」と述べた上で、中国の原油消費が伸びており、 米国での落ち込みを補っていると指摘した。

NYMEXの原油先物5月限はシンガポール時間午後1時48分(日本時間 同2時48分)現在、53セント高の1バレル=112.29ドル。原油相場は1年前 と比べ77%上昇している。

ロンドンにあるICEフューチャーズ・ヨーロッパに上場している北海ブ レント5月限も一時、61セント(0.6%)高の1バレル=110.45ドルと最高値 を更新。シンガポール時間午後1時15分現在、110.30ドルで推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE