SMKが急落、ドル安と単価下落で今期減益を警戒-野村証格下げ(2

電子部品メーカー大手、SMKの株価が「窓」 を空けて急落。一時は前日比98円(19%)安の430円まで売り込まれ、2004年 2月27日以来、約4年1カ月ぶりの安値を付けた。想定よりドル安・円高とな って為替差損が出たとして2008年3月期の利益予想の下方修正を発表した。製 品単価の下落やドル安・円高傾向の定着化で、09年3月期は営業減益との見方 が浮上し、失望売りが増えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。