D&Mがストップ高、ケンウッドなど買収に名乗りと報道-プレミアム(2

デノンとマランツの共同持ち株会社、ディー アンドエムホールディングス株が急反発。ケンウッドなど4陣営が買収 に名乗りを上げると一部で報じられた。伝えられた買収総額が500億円 規模と、前日の株式時価総額311億円を大きく上回ることから、買いが 殺到している。

報道を受け、東京証券取引所はD&M株の売買を午前8時20分か ら一時停止したが、午前10時3分に再開。買い気配を切り上げた後、 午後零時51分に前日比80円(24%)高の413円のストップ高(制限値 幅いっぱいの上昇)で取引を開始した。

モーニングスター調査分析部の鈴木英之シニアアナリストは、「買 収総額が株式時価総額を大きく上回ると報道され、買いが先行してい る」としながらも、AV(音響・映像)業界でカギとなるのはブランド だと指摘、この買収がブランド戦略につながるかどうかが重要と述べた。

15日付の日本経済新聞朝刊は、D&M買収にケンウッドなど4陣営 が名乗りを上げたことが14日までに明らかになったと報じた。各社は D&Mの詳細な資産査定を始めており、5月中旬にも実施される最終入 札を通じて売却先が決定する見通しだという。

報道を受けてD&Mとケンウッドはそれぞれ「当社から発表したものではな い」とするコメントを発表。今秋をめどに日本ビクターと統合する予定のケン ウッドは、「ビクターとの統合が当社にとって現時点での最優先課題で あることに変わりはない」(能勢雄章広報・IR室長)としている。

-- Editor:Makiko Asai 、Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 林 純子 Junko Hayashi +81-3-3201-3059 juhayashi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE