イズミ株が急騰、新規出店で今期増益幅は期待以上-三菱U証は格上げ

山陽地方を地盤にスーパーを展開するイズ ミの株価が大幅高。会社側が前週末11日に発表した今期(2009年2月期)の連 結最終利益が、新規出店効果などで市場予想を上回ったことから買いが先行して いる。午前9時26分現在、前週末比141円(9.2%)高の1673円。

今期の連結最終利益は前期比12%増の153億円の見通し。ブルームバー ク・データに登録された3人の担当アナリストの中央予想値141億円を上回った。 島根県出雲市や香川県三豊市などに3店舗を新規出店するほか、佐賀県武雄市な どで既存店4店舗の増床を行う。前期末に出店した広島店も年間でフルに寄与す る。またマルミヤストア(7493)と資本・業務提携を結び、1億円程度の株式持 ち合いを決めた。

三菱UFJ証券の金森淳一アナリストは「食品売価の調整が完了し、足元で は客数、買い上げ点数の増加により既存店販売は回復トレンドに入った」(14 日付のリポート)と評価。「今期予想PERは9倍と地方小売株の平均15倍か らみてかなり低い」とことから、上値余地が大きいと判断し、投資判断を5段階 評価の「2」から「1」に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE