マスターズ最終日:南アのイメルマンが初優勝-ウッズ追撃及ばず2位

男子ゴルフの今季メジャー第1戦、第72 回マスターズ・トーナメントは13日、米オーガスタ・ナショナルGC(7445 ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、トレバー・イメルマン(28、南ア フリカ共和国)が通算8アンダーで初優勝を果たした。本命視されていたタイ ガー・ウッズ(米)は追撃及ばず、3打差の2位に終わった。

イメルマンはこの日、強風のコンディションのなか、3オーバーの75で最 終ラウンドを終えた。首位と6打差でスタートしたウッズは3バーディー、3 ボギーのイーブンパー72とスコアを伸ばせず、通算5アンダーだった。南アの 選手がマスターズを制したのは、1961年、74年、78年に優勝したゲーリー・プ レーヤー以来2人目。

イメルマンの優勝により、同一シーズンに4大タイトルを制するグランド スラムを狙ったウッズの夢は消え去った。現代の4大メジャー(マスターズ、 全米オープン、全英オープン、全米プロ)を同一シーズンにすべて制した選手 はまだいない。ウッズは2000年-01年にかけ、2年がかりで4大メジャーを制 したことはある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE