3月米小売売上高:0.2%増、ガソリン価格上昇除けばゼロ成長

米商務省が14日に発表した3月の 小売売上高(速報、季節調整済み)は前月比0.2%増と、ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想(変わらず)を上回った。ガ ソリン価格の上昇が影響した。2月は0.4%減と、速報値の0.6%減から 上方修正された。3月のガソリンを除くベースでは変わらず(2月は

0.3%減少)だった。

変動の大きい自動車を除いたベースでは前月比0.1%増加と、市場 予想と一致した。2月は0.1%減少だった。

ドレスナーの米市場担当チーフエコノミスト、ケビン・ローガン氏 は「消費は非常に低迷している。ガソリンと食品価格の上昇が見られる ときには、個人消費の実際の弱さが不透明になる。現状はリセッション (景気後退)期と一致する」と述べた。

ガソリンスタンドの売上高は1.1%増加した。2月は0.5%の減少だ った。全米自動車協会(AAA)によると、3月のレギュラー・ガソリ ン平均価格は前月を6.9%上回った。

自動車および同部品の売上高は前月比0.2%増加。2月は1.2%の減 少だった。

国内総生産(GDP)の個人消費の算出に使用される自動車とガソ リン、建設資材を除くベースの小売売上高は前月比0.2%増。前月は変 わらず。

総合小売店の売上高は0.6%減少(2月は0.3%増)した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE