欧州債:ほぼ変わらず、メルシュ総裁発言で下げた後に値を戻す

欧州国債相場はほぼ変わらず。独2年債利 回りは3週間ぶりの低水準にとどまった。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会 メンバー、ルクセンブルク中央銀行のメルシュ総裁が年内利下げの余地はないと の見解を示したことから、一時は軟調に推移していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。