中国株(午前):CSI300指数、2週間ぶり大幅安-不動産株が安い

14日午前の中国株式市場で、CSI300指 数は2週間ぶりの大幅下落。不動産株が下げを主導している。中国人民銀行の 周小川総裁が貸出金利と預金金利の引き上げ余地があるとの認識を示したこと が手掛かり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。