G7のドル安けん制は効果薄、協調介入程遠く-米国の3要因変わらず

11日閉幕した7カ国財務相・中央銀行総裁 会議(G7)が、共同声明で示唆したドル安けん制の効果は小規模で短命に終わ り、ドルが売られやすい相場環境に戻る公算が大きい。米国を取り巻く金融不 安・景気悪化・金利低下というドル安要因に総じて大きな変化がなく、日米欧が 協調する形での利下げや市場介入の可能性は低いと、多くの市場関係者が見てい るためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。