スイス中銀総裁:景気は「下振れ」リスクに直面-世界経済の減速で

スイス国立銀行(SNB)のロート総裁は 12日、同国のインフレが鈍化するとの見通しに変わりはないと述べるとともに、 景気は世界経済の減速による「下振れ」リスクに直面しているとの認識を示した。

ロート総裁はワシントンでブルームバーグテレビジョンとのインタビュー に応じ、「第4四半期中にインフレ率が2%を下回ることに依然として自信があ る」と述べた。一方、スイスの景気には「明らかに下振れリスクがある。世界各 地で下振れリスクがあるためだ」と語った。

SNBは3月、政策金利を2.75%で据え置いた。ロート総裁は「足元の景 気はかなり堅調だ。われわれの見通しは世界経済の動向に非常に左右される。6 月に次回の金融政策を決定する前に、状況を確認する」と述べた。

同中銀が先月示した今年のスイス成長率見通しは1.5-2%。国際通貨基 金(IMF)は先週、予測を下方修正して1.3%を予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE