日本株:輸出や金融中心に全面安、GEの業績悪化は米国の縮図(2)

午前の東京株式相場は大幅反落し、日経 平均株価は2営業日ぶりに1万3000円を割り込んだ。米複合大手ゼネラル・ エレクトリック(GE)の業績悪化で米景気や企業業績に対する警戒感が高ま り、輸出関連を中心に東証1部の33業種指数すべてが下げた。トヨタ自動車 が52週安値を更新し、キヤノンが大幅安。銀行など金融株の下げもきつい。

みずほ投信投資顧問の岡本佳久執行役員は、「GEは幅広い分野で事業を 行う米国経済の縮図で、景気全体の影響をストレートに受ける」と指摘。米国 景気は悪化のスピードに加速がついているとした上で、「5月からの減税の効 果が一過性と市場が見ているために米国株の下げが大きくなった」(同氏)と 述べた。

日経平均株価は前週末比373円93銭(2.8%)安の1万2949円80銭、T OPIXは31.68ポイント(2.5%)安の1246.94。東証1部の売買高は概算で 6億9419万株、売買代金は8620億円。値上がり銘柄数は141、値下がり銘柄 数は1521。米決算発表を見極めたいとして買い手控え感が強く、売買高は1 日立ち会いで今年最低だった3月26日の午前終値時点(7億3172万株)を下 回った。

東証業種別33指数でTOPIXへの下落寄与度が大きいのは、電気機器、 銀行、輸送用機器、情報・通信、医薬品、化学、不動産、電気・ガスなど。

米企業への警戒、G7不発

米国企業の業績に対する警戒が上値を抑えた。米GEが11日に発表した 2008年1-3月期決算は、資産売却の遅延や金融部門の損失が予想を上回っ たことから前年同期比12%の減益となった。今週は米国で15日にインテル、 16日にIBMやイーベイ、JPモルガン・チェース、17日にはグーグルやメ リルリンチなどの決算が予定されている。GEの決算によって、「インテルを はじめとして今週発表される米企業決算に慎重にならざるを得なくなった」 (三菱UFJ証券の鮎貝正弘シニア投資ストラテジスト)。

一方、前週末の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では金融安定化 に向けて世界の大手金融機関の共同監視機能を強化するための対策実施へ向け、 協調姿勢を明確にした。ただ市場では、「民間銀行への公的資金注入など具体 策の提示には至らず、東京株式市場にとって本格的な反転のきっかけとなり得 る内容にはならなかった」(クレディ・スイス証券の市川眞一ストラテジス ト)との受け止め方が多い。

日経平均が心理的節目である1万3000円を割り込んだことで、下値めど としては先週安値である1万2898円、25日移動平均の1万2746円水準が意 識されている。「米国景気、為替、原材料高という現在の株式市場の懸念材料 をすべて含んでいる自動車株がどこで下げ止まりを見せるかがポイント」(三 菱U証の鮎貝氏)という。

もっとも、みずほ投信の岡本氏は「GEの決算で今回の業績発表に対する 期待値がなくなったことは、相場にとって良い材料」として、相場の反転が近 い可能性があるとも予想していた。

金融や不動産株の下げきつい

銀行や保険、その他金融など金融株や不動産株の下げがきつくなった。G 7が買い材料視されなかったことに加え、GEの金融部門の米消費者向け融資 延滞率の上昇、内外金融機関の決算に対する不透明感が強いことなども要因。 13日付の英紙サンデー・タイムズによると、米銀大手シティグループと米証 券大手メリルリンチは今週、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ロー ン関連で少なくとも合計150億ドルの追加評価損を明らかにする見通し。

三井住友フィナンシャルグループが先週末比4%安、三菱UFJフィナン シャル・グループは3.4%安と反落。有価証券減損処理の影響で、前期利益を 減額した宮崎銀行が東証1部の下落率3位になるなど地銀株の一角も安い。三 菱地所も4%超下落し、不動産株も下げが大きい。

業績悪化のKDDIが急落、高島屋は続伸

個別では、08年3月期業績が従来予想を下回ったもようと発表したKD DIが急落。同じく前期業績予想を下方修正したシナネンや住友ベークライト も大きく下げた。09年2月期の既存店売上高の前提や利益水準が期待より低 いとされたスギ薬局は一時値幅制限いっぱいのストップ安。野村証券金融経済 研究所が投資判断を引き下げた松下電器産業やシャープ、08年1-3月期の 連結純利益(米国会計基準)が前年同期比16%程度減少したもようと、12日 付の日本経済新聞朝刊が伝えたキヤノンも下げが目立つ。

半面、09年2月期連結純利益を前期比26%増と見込む高島屋が続伸。09 年2月期の増益を見込むコーナン商事やオンワードホールディングスがそろっ て急伸し、業績好調を10日に発表していたファミリーマートは3連騰。三菱 UFJ証券が格上げしたイズミも大幅高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE