中国:本土と台湾を直接結ぶ輸送路の早期構築を望む-陳商務相

中国の陳徳銘・商務相は13日、同国ができ るだけ早期に、本土と台湾を直接結ぶ輸送路の構築を望んでいるとの意向を明ら かにした。

陳商務相は中国南部の海南省で開かれた「博鰲(ボーアオ)アジアフォーラ ム」年次総会でのパネル討論会で、台湾海峡の両岸の結び付きが強まることで、 米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響を和らげる可能 性があるとの認識を示した。

さらに、「直接輸送路の構築と経済関係の正常化は、できるだけ早く遂行す べきだ」とした上で、「台湾海峡をまたぐ両経済は異なる特徴と環境を持ち、相 互補完が可能だ」と述べた。

中国の胡錦濤・国家主席は12日、同総会出席のため現地入りしている台湾 の蕭万長・次期副総統と会談した。約60年で最高レベルの中台間の接触だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE