住友ベ株が安値接近、半導体封止材不振で一転営業減益に-原料高響く

樹脂加工大手の住友ベークライトの株価が、 3営業日ぶりに急反落。主力の半導体封止材と高機能プラスチックがいずれも振 るわないほか、原材料高の製品への価格転嫁も遅れ、前期(2008年3月期)の 連結営業利益は一転して大幅な減益見通しとなった。収益環境の厳しさを嫌気し た売りを集め、一時は前週末比64円(12%)安の473円と、3月17日に付けた 年初来安値(471円)へあと2円に迫った。午前終値は6.9%安の500円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。