クレディS:1-3月期に評価損約4030億円計上か-スイス紙が算出

12日付のスイス紙ターゲスアンツァイガー によると、スイスの銀行大手クレディ・スイス・グループは2008年1-3月(第 1四半期)に約40億スイス・フラン(約4030億円)の評価損を計上し、10- 20億フランの赤字となる可能性がある。自社調査の内容として伝えた。

同紙は、資産運用部門のデービッド・ブルーマー前最高経営責任者(CE O)や証券部門の世界責任者マイケル・ライアン氏の退社について、「クレディ・ スイスが価格調整に着手する必要があり、さらに数十億の評価損計上が迫って いることのシグナルだ」と指摘した。

クレディ・スイスは3月20日、07年10-12月(第4四半期)と08年第1 四半期に合計26億5000万ドル(約2700億円)の評価損を計上するとし、第1 四半期が黒字になる「可能性は低い」と説明した。同行の広報担当者、アンド レス・ルーサー氏は12日、同紙の報道についてコメントを控えた。

同紙は評価損や赤字額の算出方法について明らかにしていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE