オンワドHが続伸、特損減り今期EPS伸びる-基幹商品強化を見極め

婦人衣料が主力のオンワードホールディン グスの株価が小幅続伸。「23区」や「組曲」などの基幹ブランドに経営資源 を集中させ、会社側は厳しい環境下でも今期増収増益を計画した。EPS(1 株当たり当期純利益)が市場予想を上回り、株価指標面で割安感が台頭、買い が優勢となった。午前9時56分現在、前週末比41円(3.7%)高の1137円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。