米アメリカン航空:ジェット機「MD-80」の点検完了-通常運航再開

米AMR傘下で航空最大手のアメリカン航 空は13日、保有するボーイングのジェット機「MD-80」の最終点検を完了し、 通常の運航を再開した。

MD-80の配線の点検・修理により、12日の200便を含め、5日間で3300 便以上が欠航となり、乗客36万人に影響が出た。

広報担当者のティム・スミス氏は12日、録音された声明で、「12日遅く から13日の全便の通常運航再開に向けて、準備が進んでいる」ことを明らかに した。

ジェラード・アーペイ最高経営責任者(CEO)は、MD-80に関連した 今回の欠航について、乗客の信頼回復は「容易ではないだろう」と述べた。M D-80は同社の航空機の46%を占める。

11日のAMRの株価終値は39セント(4%)安の9.48ドル。AMR株 は過去1年で71%下落し、昨年12月末以来では32%値下がりしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE