米財務長官:途上国は物価統制を避けるべきだ-世銀・IMF合同開発委

ポールソン米財務長官は13日、商品価格の 高騰に苦慮する途上国に対し、長期的な経済成長にとってより大きな悪影響を 及ぼすことになる物価統制を避けるべきだと呼び掛けた。

ポールソン長官は、世界銀行・国際通貨基金(IMF)の合同開発委員会 で、各国政府は「物価統制や補助金支給の誘惑に抵抗する必要がある。これら は、弱者を効果的かつ効率良く保護する手段とは言えないことが多い」と指摘 した。

同長官はまた、米経済について「住宅セクターの調整や信用市場の混乱、 原油高が成長を圧迫しており、短期的には下方リスクがある」と述べた上で、 長期的な見通しは健全だとの認識をあらためて強調した。

-- Editor: Brendan Murray, Mark Rohner

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: John Brinsley in Washington at +1-202-654-4315 or jbrinsley@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE