日米欧監督当局、世界主要行の共同監視で合意、リスク管理徹底-G7

日米欧の金融当局は11日、米サブプライム (信用力の低い個人向け)住宅ローン問題による金融市場の混乱を受け、世界 の銀行や証券会社を共同監視することなどで合意した。証券化商品を通じてリ スクが世界中に拡散した事態を踏まえ、国際的に統一した自己資本規制などを 通じてリスク管理を徹底し、金融機関の健全性を確保する狙いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。