ECB、利下げ実施のタイミングは7-9月-三菱UFJ証券の矢口氏

三菱UFJ証券の経済調査部シニアエコノ ミスト、矢口満氏は11日付のリポートで、欧州中央銀行(ECB)の金融政策 見通しについて、以下のようにコメントした。ECBは10日の定例政策委員会 で、短期金利の調節手段である短期買いオペ(売り戻し条件付き債券買いオペ= レポ)の応札最低金利を4%で据え置くことを決めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。