金融安定化フォーラム報告:危機再発防止へ情報開示、監督強化を提言

金融安定化フォーラム(FSF)は11日、 会計ルールの強化と銀行監督の厳格化、企業に資産情報の開示拡大を義務付け るなどの提言をまとめ、報告書として発表した。資産の評価切り下げや信用損 失が2450億ドルに膨らんだ慣行の是正を目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。