米GEの1-3月期:予想外の減益、金融部門悪化-見通し下方修正

複合大手の米ゼネラル・エレクトリック(G E)が11日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、前年同期比12% 減益となり、アナリスト予想を下回った。資産売却が完了しなかったことや世 界の資本市場混乱で金融部門の損失が膨らんだことが響いた。同社は通期の業 績見通しを下方修正した。株価は一時12%安と、1987年以来で最大の下落とな った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。