NY金(11日):続落、先高観後退で売り優勢-終値927ドル

ニューヨーク金先物相場は続落。今週、 最高値を付けた原油価格やユーロ相場に比べて上昇ペースが劣っているため、 金の先高観が弱まり、売りが優勢になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。