4月の米消費者マインド指数速報値:63.2に低下、82年以降で最低

4月のロイター・ミシガン大学消費者マ インド指数(速報値)は63.2と、3月の69.5から低下。1982年3月以来、 約26年ぶりの低水準となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想中央値(69.0)も下回った。

グローバル・インサイトの金融経済ディレクター、ブライアン・ベシュー ン氏は「消費者心理はますます悪化している。光熱費やガソリン代、食品価格 が上昇し、雇用情勢は過去と比べてはるかに弱い。景気は後退期にある」と述 べた。

先行きの景況感を示す指数は53.4と、前月の60.1から低下。1990年 11月以来の低水準となった。現在の景況感を示す指数も78.4と、前月の

84.2から低下し、1983年1月以降で最低。

1年先のインフレ期待指数は4.8%(前月4.3%)に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE