米GEの投資判断引き下げ、減益で「信頼性懸念」-複数の金融機関

ゴールドマン・サックス・グループ とシティグループは11日、米複合大手ゼネラル・エレクトリック(G E)の2008年1-3月(第1四半期)決算が2003年以来初の減益とな ったことで「信頼性への懸念」が浮上したとして、GEの株式投資判断 を引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。