任天堂DSに新バージョンの可能性、米見本市注目-エンブレ社長(3)

ゲーム雑誌「ファミ通」の発行元企業エン ターブレインの浜村弘一社長は11日開いた記者説明会で、任天堂の携帯ゲーム 機「DS」について、販売好調に伴う現行機種の品不足などから後継機は当面出 せないと指摘したうえで、過去の経緯から機能を強化した新バージョンなら投入 できる可能性もあるとの見方を示した。

浜村氏は、DS発売から1年余り経った06年3月に「DS Lite」が 出たことを踏まえ、「バージョン違い」なら「可能性はあると思う」と語り、各 社の新製品が出そろう恒例の米ゲーム見本市「E3」が「楽しみだ」と述べた。 今年のE3は7月15-17日の予定。DSの前機種であるゲームボーイアドバン スでは2001年の発売以降計3つのバージョンが出た。

エンターブレインが配布した資料によると、DSの国内販売の累計台数は年 末に約2700万台に達する見込み。DSと同時期にソニー・コンピュータエンタ テインメント(SCE)が発売した携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータ ブル(PSP)」は年末に1000万台に届くと予測。両者の差は07年の2.8倍か ら2.7倍にわずかながら縮まる見通しになっている。

任天堂の広報担当者、皆川恭広氏は新型DSについて「現時点で何も話せな い」としている。

エンターブレインの統計では、3月30日時点でのDS累計販売は2217万 台。浜村氏によると欧米では販売が好調で「深刻な品不足が続いている」という。 DSに続く後継機の発売の可能性については「品不足を解消するまでは、後継機 は出せないのでは」と述べた。PSPの3月末の累計販売は857万台だった。

--共同取材 Pavel Alpeyev Editor:Kenzo Taniai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル       Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Hirokazu Hamamura Yasuhiro Minagawa

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE