英TCI:日本政府が合理的な判断下すと確信-Jパワー株買い増し

英投資ファンドのザ・チルドレンズ・イン ベストメント・ファンド・マネジメント(TCI)は11日、同社が電源開発 (Jパワー)の株式を買い増す計画について日本政府が合理的な判断を下すこ とを確信していると表明した。

政府は同日、関税・外国為替等審議会(外為審)でTCIから意見を聴取。 TCIのアジア地区ディレクター、ジョン・ホー氏は、Jパワー株を倍の20% まで買い増すことは日本の安全保障に対する脅威にはならないと説明した。外 資が安全保障面で重要な日本企業の株式を10%以上保有するには、政府の承認 が必要となる。

ホー氏は外為審で意見を述べた後、記者団に対し、TCIは日本の安全保 障に貢献するだろうと語った。

同氏は「外為審メンバーは今回の決定が、日本における国際資本市場にと って重大な意味を持つことを理解していると思う」とした上で、「外為審が合理 的で適正な判断を示しTCIを支持すると引き続き確信している」と述べた。

財務省当局者が匿名を条件に述べたところによると、外為審は15日に再び 会合を持ち政府向けの中間報告をまとめる。財務省は5月半ばまでに最終決定 を下す予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE