三菱重:国内の原子燃料供給事業で仏アレバと提携へ-米拠点に出資も

国内重工業トップの三菱重工業は11日、原 子力発電所向け燃料供給で、仏原子力事業大手アレバと日本国内での共同事業の 検討開始で合意したと発表した。2タイプある原発のうち、一方の技術しか持た ない三菱重工が、日立製作所や東芝が牙城とする他方のタイプの原子炉向け燃料 製造ノウハウを取得するのが狙い。アレバの米国施設への出資も検討する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。