OMC:融資引き当て強化で前期225億円の赤字に転落-今期黒字を予想

流通系カード大手、オーエムシーカード (OMC)が11日発表した2008年2月期の連結純損益は、前年同期の139億 円の黒字から225億円の赤字に転落した。カードキャッシングなどへの貸倒引 当金471億円を特別損失に計上したのが響いた。与信厳格化などで営業収益も 減少した。今期1年分の利益予想は57億円の黒字確保を見込んでいる。

三井住友フィナンシャルグループ傘下のノンバンク再編に伴い今期から決 算期を3月に変更。このため13カ月の変則決算となる09年3月期の純利益は 61億円の見通し。配当は引き続き無配とする。江幡真史社長は発表会見で、 「前期に欠損金を出したため自己資本充実に傾注したい」と述べ、8.2%に低 下した自己資本比率を早期に2ケタ台に回復したい考えを示した。

OMCは10月に三井住友FG設立の中間持ち株会社の傘下に入り、09年 4月にはOMCを存続会社としてセントラルファイナンス、クオークの3社が 合併する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE