みずほ:純利益が半減、3度目の減額-サブプライム損失は国内最大(4)

みずほフィナンシャルグループは11日、 2008年3月期の連結純利益が3100億円になったようだと発表した。当初は限 定的とみていた米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連損失 が国内金融機関で最大の規模に膨らみ利益を圧迫した。期初予想から3度目の 下方修正で、6210億円を確保していた前期比では50%の減益となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。