政府:対北朝鮮の独自制裁、半年間延長を決定-拉致進展なく(2)

政府は11日午前の閣議で、2006年10月の 北朝鮮による核実験実施発表を受けて発動した同国に対する制裁措置の半年 間延長を正式決定した。拉致問題に進展がないことなどが理由。町村信孝官房 長官が閣議後の記者会見で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。