官房長官:金融危機克服へ、米政府の前向きな対応を期待-G7

町村信孝官房長官は11日午前の記者会見で、 同日ワシントンで開かれる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)について「焦 点は米国が今後どうするかだ。金融的側面だけでの対応ではない、米国政府を あげての対応になると思う。国際経済の安定、通貨の安定という意味から前向き のメッセージが出されることを期待している」と語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。