OPECは増産すべきではない、市場への供給は十分-サウジ石油相

サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相 は10日、市場への供給は既に十分であり、石油輸出国機構(OPEC)は増産 すべきではないとの考えを明らかにした。

同相は1バレル=100ドルを上回る過去最高水準に上昇した原油価格につ いて、ドル安に原因があると分析。パリで開かれた国際石油サミットで記者団 に対し、「われわれは石油を投げ売りするつもりはない」と述べ、「世界の原油 生産量は消費量を上回っている」と説明した。

また、OPECが9月に予定されている総会まで生産水準を見直す計画は ないと述べ、増産を求める消費国の要請を退けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE