白川日銀総裁:G7で公的資金投入の直接的提言は適切でない(4)

日本銀行の白川方明総裁は10日夜(米東 部時間)、7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の開催を前に、G7で主 要議題となる米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題を発端 とした国際金融市場の混乱への対応策に関連し、日本が金融危機の際に実行し た公的資金注入を同会議で取り上げる可能性について「公的資金投入だけを単 独で切り離して議論することでは必ずしもない。直接的に申し上げることは適 当でない」との考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。