ドイツ銀M&A共同責任者のバージェス氏,今年半ばまでに退社-関係者

ドイツの銀行最大手、ドイツ銀行の世界M &A(企業の合併・買収)共同責任者、トニー・バージェス氏(48)が同行を 退社し、自らのブティック(特定分野に特化)型投資アドバイザー会社を立ち 上げる可能性がある。同行の幹部2人が10日明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。